« 熊谷観音と秩父の鍾乳洞 | トップページ | 稲荷山公園と吉祥寺 »

2016年11月18日 (金)

不動明王の提灯

 和光市の不動明王に参拝して家に帰ったらこんな夢見た。

 車に乗って皆でドライブしている。ツーリングの様だ。先頭の車に引き離される。自分は助手席にいて女の人が運転している。

 目的地の宿へ到着。宿では何か霊的な問題が起きている。宿の話に怪しい点が見られるので南の方に寺が有るので行って見る。境内の中に仏具店だろうかが有る。坊主みたいなのが個別に席に座って相談を受けてる。

 何人かの坊主に話をするが相手にしてくれない。表を見ると怪しい雲が見える。自分が「こっちを見ろ。」と雲に言ったら雲が変形した。蛙の頭みたいになったり兎に成ったりする。

 坊主の一人が驚いて不動のお札と不動さんの書物を手提げ袋に入れて呉れる。その後責任者の所へ行く。その間に600円位を貯金箱に入れておいた。坊主が戻って来て「お代金は要らない。」と言ったが1000円を貯金箱に入れて帰る。

 宿から付いて来た女の人と帰る。高架道路の下をくぐって宿へ向かう。暗い夜道だが不動明王の手提げ袋が提灯見たいに輝いて居る。宿の人に手提げ袋を渡してお守りとする様にして貰った。

 そう言えば夢の最中の自分は右手の皮が剥けてばかりいた。手提げ袋を渡した後に腕をひっかいたら絆創膏ごと大きな皮が取れたね。

 和光市白子の不動明王さんに見せて貰った夢かな。

|

« 熊谷観音と秩父の鍾乳洞 | トップページ | 稲荷山公園と吉祥寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108582/64508471

この記事へのトラックバック一覧です: 不動明王の提灯:

« 熊谷観音と秩父の鍾乳洞 | トップページ | 稲荷山公園と吉祥寺 »